紙媒体の本はまだ必要。大人が読書する姿を子どもに見せたい


f:id:tabisen:20180131214626j:plain

電子書籍には多くのメリットがあります。

スマホの中に重さゼロの本棚を丸ごと持ち歩いているようなものですから、そりゃあ便利に決まっています。部屋もきれいになり隙間時間をどんどん読書にあてられるようにもなり良いこと尽くし。素晴らしいテクノロジーだと思います。

 

では、従来の紙媒体の本はもう必要のないものなのでしょうか?

自分の結論としては、紙媒体は絶対に必要であると考えています。

 

親が本を読む姿を子どもに見せる

本が電子書籍に勝るメリット、それは【自分の子供に本を読む姿を見せられること】です。

 

子供は親の姿を真似る

子供は親を真似て育ちます。話し方や仕草、癖、習慣など、親を常々観察し、真似されるこちらが恐ろしくなるほどそっくりに真似していきます。

それが仮に、使ってほしくない言葉ややってほしくない行動だったとしても、親がその行動を取っている限りは、どんなに強く言い聞かせようと子がその行動をとるのを止めることはできません。

「子どもの言葉が乱暴で困る」と言っている親は大体が自分自身も乱暴な言葉を使っています。そんなものです。

 

スマホをいじらせたいか、本をめくらせたいか

さて、電子書籍と本について。

私たちが電子書籍を読もうと思った場合、スマホやタブレットを使うことになりますね。

画面をなぞるその姿を子供達は見ています。

一方で本を手にとって読んだとしても、やはり子供達は紙をめくる姿を見ています。

こちらにそのつもりがなかったとしても、子供達はこれらの姿を手本としてその柔らかい脳にインプットしていくわけです。

 

スマホ育児の害

乳児や幼児に積極的にスマホをいじってほしい!と願う人はあまりいないと思います。

育児とスマホというテーマについては賛否両論様々な意見が飛び交っていますが、1歳児2歳児にスマホ中毒になってほしい!と願う親はいません。

スマホ育児に対する世間の回答は、【仕方なく使わせているor使わせないようにしている】の二択です。【ぜひ使わせたい!】を含めた三択ではありません。

害があるのはわかっている。でもスマホを利用することで少しでも子育てが楽になるのなら…

というのが仕方なく使わせている人達の論でしょう。実際、筆者も時としてそう考えることがあります。

 

スマホが普及して10年近くが経ちました。学齢期の児童生徒の学力とスマホ時間の相関など、多くのエビデンスが報告され始めています。

みんなもうわかっているんです。子育てにとってのスマホには害があるということを。

 

乳幼児期に身につけた読書習慣は将来の学力を保証する

芦田愛菜ちゃんが某有名中学の入試に受かり、見事進学しました。

子役として多忙な日々を送る一方で、決して勉強も疎かにしなかった。

親が鬼になって勉強をさせるだけではこうはなりません。それができるのなら、この国の子供達は全員100点連発です。

ではどうして愛菜ちゃんは役者と勉強を両立できたのでしょうか。

愛菜ちゃん曰く、「2歳の頃から本を読んでいたからだってお母さんが言ってた」とのこと。

赤ちゃんの頃から【本をめくる遊び】をさせていると、物心ついた時に自然と本を読むようになるのだそうです。

このことから、身近な大人が本を読む姿を手本として見せることは、子供の読書習慣や学力に深く関係すると言えます。

筆者の嫁はテクノロジー関係の分厚い本をよく読んでいるのですが、その姿を見ていた長女もその分厚い本をめくるようになりました。

高価な本がグチャグチャにならないかハラハラしています。

 

 

まとめ

  • 紙媒体の本は親が子に読書する姿を見せるために有用
  • 乳幼児期に読書の習慣を身につけることは学力面に効果あり

タブレット片手に「お父さんは今読書しているんだよ」と言ったところで、赤ちゃんや幼児にはまず通じないでしょう。親自身が紙の本をめくる姿をお子さんに見せ、小さいうちに読書習慣を身につけさせてあげてください。

 

<他の記事の紹介です>

 電子書籍の便利な機能に感動したという話。今更感がすごいですが

 

親が望むのは我が子の成長。学校教育は感動の押しつけをしていないだろうか

  

 あの【ふかふかかふか】を彷彿とさせる圧倒的な泣き止ませ力